供血ご協力のお願い

供血について

獣医療の高度化に伴って、輸血を必要とする機会が 年々増えてきています。
動物には血液バンクはありません、よって有志のボランティアに頼っているのが現状です。
当院でも治療に際して輸血が必要な場合があります。

緊急時に協力していただける方を募集しています。

ご協力をいただける方は、下記の内容をご理解いただいた上で、スタッフまでお声をおかけ下さい。

【募集対象】
以下の条件を満たしていること
・1~7歳程度の健康な犬(体重20kg以上)
・1~7歳程度の健康な猫(体重4.5kg以上)
・予防接種、フィラリア予防(犬の場合)を毎年受けていること
・これまで輸血を受けたことがないこと
・現在妊娠していないこと
・採血の際には鎮静をかけることがあります
・緊急に輸血をお願いした場合対応できる方(必要に応じて送迎も致します)

【採血量】
・犬:1回あたり200~400ml(体格に応じて)
・猫:1回あたり20~60ml(体格に応じて)

【採血当日の流れ】
・身体検査
・血液検査
・交差検査(血液が合うかどうか)の後に採血します。
※猫はウイルス検査も行うことがあります
・採血後、採血量に応じて皮下補液を行ないます。

【採血後の注意点】
・採血後2、3日間は安静に過ごし、旅行や来客などの環境の変化は控えていただく必要があります。

【供血ご協力の感謝】
・供血していただいた年の伝染病予防接種を無料とさせていただきます。

供血のお願いイメージ

みなさまの暖かいご協力をお願い致します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。